天満切子について

天満切子の特徴

切子映り込み 比較

映り込みの美

天満切子の一番の特徴は、映り込みの美しさ。

側面をU字彫りでシンプルにカットすることで、映り込みを綺麗にうかびあがらせることが可能となりました。

器に飲み物を注いだ時に、U字にカットされた部分がレンズの役割を担い、底の模様が側面に映り込みます。この細工によって万華鏡のような光の輪が誕生するのが天満切子の大きな特徴です。

丸みを帯びたU字型のカット

また、天満切子はU字型(蒲鉾彫り)のカットにより、丸みを帯びることが特徴のひとつです。

丸みを帯びることで、ガラスにあたたかさと柔らかさを表現することができました。

磨きの工程はすべて手磨き

最後に、磨きの工程をすべて手磨きで仕上げるのも天満切子の特徴のひとつ。

薬品は使用せずに、全ての工程を職人による手作業で行っております。

職人

天満切子職人 西川昌美

天満切子職人 西川 昌美(昌榮)

「映り込みが美しくて、シンプルでかっこよいものを。」

ただこれだけを考え、妥協することなく、更なる技術を追求しようと考えております。

また、天満切子の技術を絶やさないためにも、楽しく後進の育成ができれば幸いです。

この切子作りの技術を追求し、そして伝えたい・残したいという思いがあり、ここ天満の地に「切子工房 昌榮」を始める事に致しました。